というわけで前回の続き。


Wi-Fi非対応のデジカメをWi-Fi対応にしてくれるFlashAirは便利ですが、不満もあります。

・デジカメの電源を入れてからネットワーク接続可能になるまでやや待たされる
・ブラウザから1枚ずつ写真を保存するのは面倒
・有線の場合より転送が遅い


使い方次第ですが、これらの不満を解消してくれるのが「Snowy」です。
概要としては、FlashAirに保存された写真をサムネイルで一覧表示。
複数選択して転送したり、ボタン一発でPCに未転送の写真だけをまとめてコピーしたりできる便利ソフトです。

【レビュー】ワイヤレス接続した“FlashAir”から簡単に写真をPCへ転送できるGUIソフト「Snowy」 - 窓の杜


Snowyには「FlashAirに定期的にアクセスして新しい写真がみつかれば自動転送する」という機能があります。
Snowyを起動した状態で撮影していれば、撮った先から勝手にどんどんPCに取り込んでくれるのです。

この機能を使えば先に挙げた不満点はほとんど気にならなくなります。
当然ながら自宅内(無線LANの届く範囲)での撮影限定ですが。


そもそも、私がFlashAirを導入しようと思ったきっかけは日々のブログ用写真撮影。

何か買い物をする度に自室で数枚撮影するものの、いちいち有線で転送するのが面倒でそのまま放置 → 旬を過ぎてブログを更新するのも面倒に、みたいな状況をなんとかしたいなと思って購入しました。

FlashAir + Snowy の組み合わせは私のニーズにバッチリはまってます。



自宅以外の撮影(旅行やイベント等)については普通のSDカードに差し替えて行くつもりです。
FlashAirだと電池の減りも早いですし。
気分的に、そういう写真は有線の転送でもあまり面倒とは思わないですし。(^^;



いちおうSnowyの使い方メモ。

ダウンロードはこちらから→  Snowy

○ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、作成されたフォルダを適当な場所に配置。
(インストール作業は不要です)

○フォルダ内の「SnowyImageCopy.exe」が実行ファイル。これを起動します。

○まずは初期設定。右上の「オプション」より
 ・FlasAirアドレス(コピー元)
    FlasAirに接続するURLを入力します
    例:http://flashair/
 ・ローカルフォルダー(コピー先)
    取り込んだ写真の保存フォルダを入力します
    例:C:\Users\ユーザー名\Pictures
 ・自動チェック間隔
    自動チェック&転送機能を使用する場合に
    何秒ごとにチェックを行うかを指定します

○あとは実際に使うだけです。
左上の「チェック」でFlashAirにアクセスしサムネイルを表示します。
「チェック&コピー」ならPCへの取り込みも同時に実行。
「自動」でFlashAirの自動チェック&転送機能が有効になります。